株野郎の株やろう

株野郎が株式投資に関する記事を書いているぜ

【購入】2022年IPO銘柄を買ったらこうなった

おぅ、株野郎だ。みんな元気かい?
今日は2022年IPO銘柄を買ったぜ、ってことについて書いていくぜ!

IPOセカンダリー

買った背景

以前記事を書いた愛鷹氏の投資手法が自分に合っていると感じたので、まずは真似るところからということで。

投資手法

①「業種(テーマ)」を絞り
②「業績」を見極め
③「分散」を心がけ
④「長期」にわたって握り(保有し)続ける

テーマは、今回は変則的に「2022年IPO銘柄」としてみた。あしTの投資手法と貯ちゃんが紹介していた「IPOセカンダリー」のコラボってわけだ。

購入条件は以下の通り。

購入条件

・2022年IPO銘柄
・増収増益
・配当金が「0円」でない

購入銘柄

サンクゼール

・証券コード:2937
・時価総額:340億円
・配当金:35円(2024年3月)
・平均取得単価:3,800円
・購入日:2023/9

「サンクゼール」「久世福商店」を日本全国に店舗展開。SPAで商品を提供しており、食のユニクロってとこだな。ホールセールや海外展開など、今後も成長の余地ありと踏んで購入。長野県飯綱町にある「サンクゼールの丘」一度行ってみたい。ワイン飲まれへんけど。

ライトワークス

・証券コード:4267
・時価総額:49億円
・配当金:32円(2024年1月)
・平均取得単価:983円
・購入日:2023/9

法人向けに社員教育のためのeラーニングを提供している。トヨタや三菱商事といった日本を代表する大企業を中心に導入されているのが特長。ニュースで最近「リスキリング」といった言葉もよく耳にするし、今後も導入企業が増えていくのではないかと思い購入した。リスキリング・・やたらと横文字使うのやめてほしいな・・

日本ビジネスシステムズ

・証券コード:5036
・時価総額:496億円
・配当金:40円(2023年9月)
・平均取得単価:1,049円
・購入日:2023/9

マイクロソフトの製品を中心としてクラウドサービス事業を展開している。日本企業の基幹システムのクラウド化はまだまだ進んでいないということで、今後も需要が継続、増加すると考え購入。ちなみに、ここの社食はおしゃれかつ夜も営業している。うらやましいぞ・・。マイクロソフトと関連の深い会社だから、ChatGPTの社内利用の切り口でも引き合いがありそうだよな。

eWell

・証券コード:5038
・時価総額:263億円
・配当金:18円(2023年12月)
・平均取得単価:3,630円
・購入日:2023/9

訪問看護ステーション向けにオペレーション業務を網羅したクラウド型電子カルテシステム「iBow」を提供。営業利益率が40%以上と高く、月次平均解約率は0.14%と低い(23年12月期第2四半期)。そういえば、介護分野でDXを進めるカナミックも営業利益率が40%を越えていたなぁ。看護と介護、ごっちゃになりやすいけど、いずれにしても今後延びていく市場だと思い購入。

SBIリーシングサービス

・証券コード:5834
・時価総額:180億円
・配当金:30円(2024年3月)
・平均取得単価:2,323円
・購入日:2023/10/2

大手航空会社・海運会社に航空機・船舶等をリースし、投資家にオペレーティング・リースファンド(JOL・JOLCO)を組成、販売する会社。なんかちょっと小難しいビジネスモデルだけど、とにかくリースの会社と理解した笑。今後の人口増加や機体のリプレイによる需要増により市場が拡大するのではないかと考え購入。従業員一人当たりの経常利益が5千万円以上と非常に高いところも(一般的な数値がどれくらいか知らんが)魅力に感じた。

アルファパーチェス

・証券コード:7115
・時価総額:101億円
・配当金:20円(2024年3月)
・平均取得単価:1,045円
・購入日:2023/10/4

アスクルの子会社でオフィス備品や設備・機械の修理部品などの間接財の購買を支援する会社。他にも、商業施設の新築、改装等を手掛けるファシリティマネジメント事業も展開。売上に対する利益が薄いなぁと思ったが、コロナ明けで業績を順調に伸ばしている点と配当を毎年増やしている点がGOODと思い購入したゼ。

トリドリ

・証券コード:9337
・時価総額:66億円
・配当金:0円
・平均取得単価:円
・購入日:2023/10/10

インフルエンサーと商品やサービスをPRしたい企業をマッチングするサービスを展開する企業。特にフォロワー数が10万人未満のインフルエンサーとSMB(中小企業及び個人事業主)のマッチングに力を入れている。配当がないので買うか迷ったけど、今後のSNS広告市場の拡大とともに会社が成長するだろうと思った点と、以前記事を書いたマブっちゃんの黒字転換手法のタイミングと合ったため購入することにした。