株野郎の株やろう

株野郎が株式投資に関する記事を書いているぜ

【レビュー】『10万円から始める! 割安成長株で2億円』(弐億貯男)

おぅ、株野郎だ。みんな元気かい?
今日は『10万円から始める!割安成長株で2億円』(弐億貯男)について書いていくぜ!

弐億貯男

著者について

・サラリーマン兼業投資家
・2002年日経平均暴落時に投資開始
・投資元本100万円スタート
・2019年2億円突破(年率30%)

弐億貯男って名前がもういいよな。バカバカしくて好きだ。名付け親は奥さんらしい。奥さんナイスセンス。株式投資の取引記録をつけ始めたのも奥さんのアドバイスらしい。貯ちゃんの成功の裏にはには奥さんありだったわけだ。

貯ちゃんがサラリーマンの生涯賃金である2億円を目標にしたのは、営業職があまり好きになれず定年まで働くのが嫌だったからなんだと。兼業投資家でうまくいっている人って、仕事もうまくいってます風の人が多いから、こういうの聞くと親近感がわくな(今は貯ちゃんも仕事好きになってるかもだけど)。

投資手法

貯ちゃんの投資手法は「割安成長株投資」で保有期間は2~3年(中長期)。PERを参考にしているということだから、前回記事の株センの言葉を借りるなら「収益バリュー株投資」にあたるかな。

銘柄を選ぶときの条件は以下の通り。

■第1段階
①各メディアで「割安」と書かれた銘柄
②昨年・今年上場の「IPO」銘柄
③「立会外分売」をする銘柄

■第2段階
①成長性:直近2~3年増収増益か
②割安性:PERが15倍以下か
③安定性:配当性向30%以上
④利回り:配当利回りが3%以上か
⑤ビジネスモデル:ストック型か

これ全部満たす銘柄なんてあるんか!?と思ってマネックス証券の「銘柄スカウター」でスクリーニングしてみたところ、第2段階①~④の条件で35件ヒットした。きっとこの中にいくつかは⑤ストック型の銘柄もあるだろう。

貯ちゃんの保有銘柄は8~10銘柄と多くはないから、こういった銘柄から厳選して保有していくってことだな。ちなみに、貯ちゃん的資産に応じた適正な保有銘柄数の目安がコレ。

・200万円:2~3銘柄
・500万円:3~4銘柄
・1000万円:4~5銘柄
・2000万円以上:8~10銘柄

最終的には自分なりの考えを持つべきだろうけど、一旦こうした目安を与えてくれるのは助かるよな。(ちなみにおれは投資資金が200万円もないのに5銘柄持っちゃってるから、この基準でいうとちょっと持ちすぎだな。。)

条件に合う銘柄をいかに安く買えるかがポイントになるので、もし直近で株価が上昇している場合には、年1回か2回ある調整局面で、買いたいと思える株価水準まで下がるまで辛抱強く待ってから買いを入れる。

これは本に書いてあったわけじゃないが、買う条件に当てはまる銘柄リストみたいものがあって、それを保有銘柄とともにウォッチしながら、適正な株価水準まで落ちてきたときに買うというようなことをしてるんかなと思った。

売るときの考え方は「損小利大」を前提とする「損切りは早めに、利益確定は遅めに」が鉄則。損切りは、株価が何%下落したからではなく、その銘柄に投資した理由が崩れたとき。利益確定は、株価が買い付け価格の2~3倍になったとき(明確には書いていないけど)。

その他投資知識

IPOブックビルディング

新規株式公開される銘柄を幹事証券会社を通じて申込し、割り振りに当選するとその銘柄の株を購入できる。上場日以降の株価が、ブックビルディングによって決まった株価よりも高くなることがほとんどのため、上場日に売却しても利益が出るんだと。

本の中では抽選方式やおすすめの証券会社が紹介されている。ローリスク・ハイリターンなのでさっそくやってみたいが、利用している証券会社以外の証券会社の口座開設とか入金がちょっとめんどくせぇな。あと、この方法で利益を出すってことが、投資家として果たして良いことなのかがよくわからん。

IPOセカンダリー

IPO直後の過熱感が落ち着き、株価に割安感が出てきたときに拾う投資法。IPOセカンダリーを意識してはいなかったけど、おれが保有している「ベースフード」や「スタメン」もIPOセカンダリーだったわけだな。

感想

グロース株投資とバリュー株投資ってやり方があると思うけど、貯ちゃんの「割安成長株投資」はその両方を兼ね備えたやり方なわけだな。改めて、株式投資にも人それぞれいろんなやり方があっておもしろいなと思ったゼ。

貯ちゃんはサラリーマン投資家だけあって「貸借対照表などの財務諸表を読み込むといった難しい分析は、なにもしていません。」ということだ。ガッツリ読み込まなくてもうまくいっている人がいるわけだから、同じサラリーマン投資家として見習おうと思っている(け、決して面倒だからというわけではない・・)。

貯ちゃんの銘柄選びの条件でスクリーニングすると、対象銘柄数が数十件とだいぶ絞られるからビギナーにはありがたい。さっそく貯ちゃんの手法で銘柄を選んで株を分析してみたい。