株野郎の株やろう

株野郎が株式投資に関する記事を書いているぜ

【レビュー】『貯金40万円が株式投資で4億 元手を1000倍に増やしたボクの投資術』(かぶ1000)

おぅ、株野郎だ。みんな元気かい?
今日は『貯金40万円が株式投資で4億 元手を1000倍に増やしたボクの投資術』(かぶ1000)について書いていくぜ!

株

著者について

・専業株式投資家(投資家歴30年以上)
・中2のときに貯金40万円で株式投資スタート
・中3で資産が300万円
・高2で資産1500万円
・高校卒業は会計専門学校へ進学
・2001年から「バリュー株投資」
・2019年に累計利益が4億円

株1000パイセン(略して株センと呼ぶ)は、中学時代から株式投資をしているという筋金入りの投資家だ。なにがすごいって、中学・高校と順調に資産を増やしていること、そして大金を手にしてんのに道を外れなかったことだよな。

普通、中学で何百万とか高校で何千万とか持っちゃったら、好きなものを買いまくったり、友達におごりまくったり、目つけられてボコボコにされたり、おれなら破滅してるよきっと(←そういうやつはそもそも勝てないという噂もある・・)。

あと、中2の株センに「男ならこれだという銘柄で勝負してみたらどうだ」と言ったおじいさんもすごいわ。普通はやめておけって言われて終わりだよな。おばあさんも商売人てことで、家族の影響も大きいんだろうよ。

証券会社に出入りする高校生を経て、会計専門学校を卒業してからは社会に出ることなく専業投資家一筋の株セン。累計利益が4億円てことだが、こんな特殊なキャリアの人だからもはや驚かないよな。

投資手法

株センの投資手法はとにもかくにも「バリュー株投資」。ウォーレン・バフェットの師匠であるバリュー株投資の父ベンジャミン・グレアムの『賢明なる投資家』に感銘を受けたらしい。

バリュー株投資がいったいどんな投資手法かというと・・
・本来の企業価値より遥かに安い価格まで株価が下落している銘柄に投資
・企業の現在価値を調べ上げて、それに対して株価がどのくらい割安かを測って投資
・企業の本質的な価値と株価とのギャップに注目する投資法
とのことだ。

株式投資って、将来成長しそうな会社を見極めて投資していくもんだと思ってたから、こういうやり方もあるんだなと目から鱗だった。

資産バリュー株投資

PBRが低い銘柄を見つけて、会社の資産価値に対してどれだけ割安となっているかを調査して投資する手法。ちなみに、PERが低い銘柄を見つけ、企業の利益が高い銘柄に投資するのが「収益バリュー株投資」。

株センは「資産バリュー株投資」の方をより得意としている。会社の資産ていうと現金、株、不動産なんかだけど、正直そこはあんまり注目してなかったな。株センは企業の持つ不動産を視察することもあるんだと。

たしかに、収益よりも資産の方が安定しているから、資産をより重視する株センの考え方には納得だ。

ネットネット株

ネットネット株とは、流動資産から負債を差し引いた「正味流動資産」に対して株価が割安な株のこと。わかりやすくいうと、「1万円の入った財布が5000円で売られている」状態だそうだ。

こんな商品がお店に売ってたら絶対に買うけど、株式市場にはそういう銘柄が実際にあるわけなんだよな。株の知識や経験がないからみんな気付かないだけで。あらためて、知っていること、勉強することって大事だなと思ったゼ。

ちなみに株センは、グレアム流からアレンジを加えた「ネットネット指数」をつかって投資判断をしている。学んだことをそのまんまつかうのではなく、時代にあわせ、自分の考えにあわせて落としこんでいるところが、稼げる・稼げないを分けているのかもしれないな。

その他投資知識

四季報の活用方法、有価証券報告書や決算短信の注目ポイント、IR担当者とのコミュニケーション方法など、長年の投資経験から得られた株センの知見が随所にちりばめられている。

下降トレンドの銘柄や成熟産業、斜陽産業に注目とあったが、これはまさに「人の行く裏に道あり花の山」だよな。ちなみにこの言葉って投資の格言だったんだな。はじめて知った笑

感想

バリュー株投資、言葉は聞いたことあるくらいだったけど、この本でその真髄に触れた気がした。企業の将来価値でなく現在価値に注目する、そんな考え方もあるんだなと、株式投資の奥深さを感じた。

収益と比べ、資産は前触れなく半分になったり消滅したりしないからより安全性が高いという考えも納得だ。

ただ、株式投資の大ベテランであり専業投資家である株センと同じように実践するのは、サラリーマン投資家には(時間的に)難しいかもしれないな。

株セン自身も「(小型株1銘柄最低500万円、大型株1銘柄最低1000万円)それくらいの金額でないと、かけた時間に見合わない」と書いている。

有価証券を10年分遡ったり四季報を縦横に読んだりと、サラリーマン投資家の場合はなかなかそこまで真似できないから、株センのバリュー株投資を実践するなら、自分なりのカスタマイズやアレンジが必要だろう。