株野郎の株やろう

株野郎が株式投資に関する記事を書いているぜ

【レビュー】『黒字転換2倍株で勝つ投資術』(馬渕磨理子)

おぅ、株野郎だ。みんな元気かい?
今日は『5万円からでも始められる!黒字転換2倍株で勝つ投資術』(馬渕磨理子著)について書いていくぜ!

黒字転換2倍株

著者について

・同志社大学→京都大学院
・関西の某医療法人にて専業トレーダー
・フィスコアナリストへ転身

著者の馬渕磨理子氏、マブっちゃんはキャリア官僚を目指していたものの試験に落ち、就職活動にも失敗して関西の某医療法人に就職したらしい。これだけ有名な大学を出ていても就活がうまくいかないことがあるんだな。

医療法人では資産運用を任され、プレッシャーで白髪だらけになりながら、最終的に資産を3倍にしたんだと。普通の会社で資産運用を担当するってあんまり聞いたことないよな。人が働いて稼いだお金を減らしちまう可能性もあるわけだからそりゃ白髪も出るわ。

医療法人で資産を3倍にしたあとフィスコのアナリストに転身したマブっちゃん、現在は各種メディアでも活躍中というわけだ。実際にゴリゴリの株式資産運用経験があるから、他のアナリストとは深みが違うだろうよ。

マブっちゃんはYoutubeもやっていて、その時々の経済ニュースについて語っているんだが、これがなかなか分かりやすい。「小林」氏(スタッフ?)がマブっちゃんに素朴な疑問をぶつけて、それに答えるというスタイルがGOODだ。

 

投資手法

「黒字転換2倍株投資術」は、ずっと赤字だった企業が、四半期ごとの決算で黒字化したのを見計らって買いを入れ、3ヶ月〜2年後に2倍になったタイミングで売却する投資手法だ。フィスコの上司であった中村孝也氏から伝授された手法で、的中率は70%超だそうだ。まぁ、70%はマブっちゃんだからこそだろうよ。

対象は時価総額500億円以下の企業かつ「5G」「DX」などの大きなテーマ株になっているかどうか。他にも事業内容や業績、PER・PBRなんかも見ていく。その会社を応援したいかどうかっていう判断基準もあるから、同じ手法でも人によって選ぶ銘柄はマチマチになるだろうな。

基本的には次の四半期決算まで保有し、「黒字が継続しているか」「利益の成長が鈍化していないか」を確認して継続か売却を判断する。ここの判断はなかなか迷いそうだな。あ、ちなみに一つ言い忘れたけど、黒字かどうかは営業利益と経常利益が対象だ。

その他投資知識

「黒字転換2倍株投資術」の話以外にも、チャートの見方、IR情報の活用方法、景気のサイクル、注視すべき経済指標など、投資家が持つべき基本的な知識も網羅している。

IR情報で「決算短信」や「有価証券報告書」を見るってんでのぞいてみたけど、ありゃなかなか読むのがしんどいな・・。だが、今後株で稼いでいくには避けては通れないよな。

感想

株って何千もある会社からどうやって選べばいいんだ・・と思ってたけど、具体的なスクリーニング方法を紹介してくれてたから、会社を絞り込んで、実際に買うところまでいけた。これだけでおれにとっては価値のある本になった。

ちなみにおれは楽天証券の口座を持っていたんだが、マネックス証券のスクリーニング機能が黒字転換銘柄をダイレクトに探せるってんで、マネックス証券の口座も開設したぜ。(楽天証券やSBI証券でのスクリーニング方法も紹介されている。)

ちょうど20〜30万円の資金をこれから増やしていきたいと思ってたから、まずは10→80万円を目指すこの手法は、今のおれには合っているように思う。マブっちゃん曰く「退場せずに生き残り続けること」が大事らしいから、ジジイになるまで続けていきたい。

実際に買ってみた

マネックス銘柄スカウターでマブっちゃんの条件でスクリーニングしたところ、約150件会社がHITした。1つ1つみていくと、必ずしも全部この四半期で赤字→黒字でもなかったから、そういう銘柄は省いて、あと、企業概要を読んでいまいちピンとこない銘柄も省いて、最終的に「農業総合研究所(3541)」を購入した。詳しくはまた別記事で書くつもりだ。